クリスマスケーキはいつ食べるか(食べる日)?半額(激安)はいつ?

クリスマスケーキはいつ食べるか(食べる日)?半額(激安)はいつ?
クリスマスの飾り付けがされたクリスマスツリーと暖炉
クリスマスと言えば、クリスマスプレゼントにご馳走に・・・クリスマスケーキ!

特に子供達は大喜びですよね(^^♪
クリスマスケーキに大喜びで顔にケーキを付けている子供
そんな子供たちが楽しみにしているクリスマスケーキですが、いつ食べるのが一般的なのでしょうか?

クリスマスケーキを食べる日
『12月24日のクリスマスイブなの?それとも、12月25日のクリスマス当日なの?』
と疑問に思う方も多いようです。

また、売れ残ったクリスマスケーキ達ですが、売れ残り処分価格で半額料金などの激安で売られるところもあるようですが、いつから値引きが始まるのでしょうか?

調べてみました!


スポンサーリンク

クリスマスケーキはいつ食べる?

クリスマスケーキはいつ食べるのが正しいのでしょうか?

12月25日のクリスマス当日にクリスマスケーキを食べる家庭が多いようです。

しかし、12月25日にクリスマスを祝うという文化は日本独自の文化で、海外では一般的に12月24日のクリスマスイブにお祝いをします。

そもそも、クリスマスはキリストの生誕を祝う日です。

一般的には12月25日がキリスト誕生の日ですが、『ユダヤ教の暦』でいうと異なります。
クリスマスとクリスマスイブの意味するユダヤ教の暦
このユダヤ教の暦は、最初にクリスマスを祝い始めた教会で使われていた暦だそうです。

このユダヤ教の暦では、日没が日付の変わり目になります。つまり、日没直後が1日の始まりということです。

そのため、ユダヤ教の暦では12月24日の日没からクリスマスが始まって、25日の日没直前でクリスマスが終わることになります。

その習慣が引き継がれて、海外では12月24日の夕方にクリスマスをお祝いしてご馳走を食べている訳です。

ちなみに、海外ではクリスマスにケーキを食べる習慣がありません。

海外では七面鳥の丸焼きや、ローストポークなどを食べる習慣があります。

↓七面鳥
クリスマスメニュー海外定番の七面鳥

↓ローストポーク
クリスマスメニュー海外定番のローストポーク

また日本では、ケンタッキーフライドチキンが好まれて食べられていますが、これを海外の方が聞くとビックリされます。

ケンタッキーは安価で手に入るために、クリスマスのお祝い時には適さないとして食べる人が少ないのだそうです。

では、なぜ日本ではクリスマスにケーキを食べる習慣がついたのでしょう?

それは、不二家創業者の藤井林右衛門さんが大正元年にアメリカで修行をした際に出会った「苺ショートケーキ」がきっかけです。
クリスマスケーキの起源・由来となった不二家の苺のショートケーキ

藤井林右衛門さんがアメリカで出会った苺のショートケーキを、日本人の好みの味に改良して、対象11年にクリスマス特別のケーキ販売を開始したのです。

これは、菓子屋である不二家さんのイメージ戦略で、クリスマスにはケーキを食べてお祝いしようと売り込んだところ、これが大ヒットしてしまったわけです。

それから日本では、クリスマスにはクリスマスケーキを食べる習慣がついたわけなのですね。
クリスマスケーキを最初に始めた不二屋

ちなみに、日本ではなぜ12月25日にクリスマスを祝うのが一般的かと言うと、1926年12月25日に大正天皇が亡くなって、昭和時代が誕生しました。

その時はまだ休日が今のように日曜日とは決まっていなかったのですが、1927年3月4日に休日法が改善されて、大正天皇祭が作られました。

その大正天皇祭が12月25日で、偶然クリスマス当日と重なっていたわけです。

この12月25日が休日となったことで、クリスマスをお祝いしやすくなりました。

そのため、日本ではクリスマスは12月25日に祝うのが一般的になったというわけです。

クリスマスケーキが半額(激安)になるのはいつ?

さあ、来ました(笑)

クリスマスケーキが半額(激安)になるのはいつなのでしょうか?

クリスマスのためだけに3000円くらいでケーキを購入し、意外と残ってしまってるという。。。そんな方も多いのではないでしょうか?

タイミングが合って、半額になって安くなった時に購入できたら良いですよね。

というわけで、調べてみました。

クリスマスケーキは例年12月25日の午後になると半額セールが始まるのだそうです。
半額SALE

多くの方が12月25日のクリスマス当日に食べられるよう予約注文をしたり、午前中に購入しています。

もし、クリスマス当日に「売り切れで買えませんでした」なんてなったら大問題ですもんね。家族に怒られます!

ですから、12月25日の午後になると需要が少なくなってしまい、店舗によってはお昼くらいからたたき売りセールが始まります。
売り切れごめんの看板
さらに12月25日の夜になると、売れ残りは半額のみならず激安商品になってお店に並びます。

なぜこんなに早いタイミングで激安セールになるのかというと、クリスマスケーキが生ものだということも理由の1つですが、12月26日からは正月に向けておせち料理が並ぶためにスペースを開けなければいけないからです。
クリスマスケーキ商戦の後にはおせち料理商戦

行事に敏感なお店は消費者の方よりも一足早く進んでいっていますので、クリスマスケーキは12月25日に売り切ることに必死になります。

実際にトップバリューは25日の夜から夕方にかけて半額になって購入したと言う方もいますし、イトーヨーカドーや百貨店も12月25日の夜には半額にするお店があるようです。

ただ、色々調べて見ると、やはり住む場所によっても全然違うようですね。

例えば、東京の百貨店は値引きをしませんが、大阪の百貨店だと12月25日は半額で値引きをするとか、イトーヨーカドーは半額セールをやるけど、伊勢丹は割引率が低いとか…

年度でも割引率が違うようで、年々割引が難しくなってきているようです。
 
 
以上、今回はクリスマスケーキはいつ食べるか(食べる日)ということと、クリスマスケーキが半額・激安にいつなるのかということに関して紹介しました。

クリスマスケーキはほとんどが12月25日午後から安くなります。

ケーキ大好きな方、ケーキを安く購入したい方は、数件回って探すといいかもしれません。

安く美味しいケーキを食べて、クリスマスは家計も暖かく過ごせるといいですね☆彡

これであなたもクリスマス雑学王?!
クリスマスプレゼント&ケーキ&飾り&ネイルなどまとめ!巨人の星も!
 巨人の星のクリスマスパーティが悲しすぎる(T_T)なぜ放送した?【動画あり】

 



スポンサーリンク




ここまで読んで頂いてありがとうございました! もし記事が面白いと感じてもらえましたら、下の「Tweet」などSNSでのシェアしていただけるとすごく嬉しいです☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 母の日 2015年 いつ おすすめ 人気ギフト プレゼント ランキング 花束
  2. クリスマスオーナメント手作り折り紙の折り方
  3. クリスマスプレゼント 2015 女性 おすすめ ランキング 彼女 嫁 妻
  4. 爪切り専門店おすすめ人気ランキング!日本製の高級メーカー!
  5. ディズニーのネイルアートデザイン1
  6. スライドドア コンパクトカー
  7. 命 マシュマロ マカロン クッキー おすすめ
  8. おせち料理の中身の具材の種類と意味は?由来や歴史は?いつ食べる?
  9. 加湿器 おすすめ ランキング 種類 効果 スチーム式 カビない OTTOSYLE URUOI+ うるおいプラス
  10. ブッシュドノエルの意味や由来(歴史)は?おすすめ有名店や値段も
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


☆イルミネーションの季節になりました☆