アボカドのカロリーや栄養素(効果効能)は?食べごろや選び方も!

アボカドのカロリーや栄養素(効果効能)は?食べごろや選び方も!
半分に切ったアボカド
アボカドはその豊富な栄養と、クリーミーな味わいから色々な料理にも使いやすく、年々その人気が高まってきています。

栄養価が高くて、脂肪が多いことから「森のバター」と呼ばれています。

アボカドって木に生えるので、果物に分類されるのはご存知でしたか?
野菜ではなく果物の木になるアボカド
日本では一般的に野菜として扱われることが多く、果物屋さんではなく八百屋さんで売られています。

今回は、そんなアボガドのカロリーや栄養素と、食べごろや選び方についても紹介したいと思います。

・アボカドのカロリーや栄養素(効果効能)は?
・アボカドの食べごろや選び方は?


スポンサーリンク

アボカドのカロリーや栄養素(効果効能)は?

↓こちらがアボカドのカロリーです。
アボカドの重さとカロリーの関係
カロリーはアボカド1つで223kcalとなっていて、パッと見るとカロリーが高いように感じるかもしれません。

例えば、223kalはご飯一杯分(140g)くらいです。

消費するとなると体重によっても異なりますが、大体1時間半ほど歩いて消費するカロリーです。

しかし、アボカドの良い所は、ダイエットや美肌に優れた栄養素がたくさん含まれているということ。

アボカドの栄養素と効果効能は?

アボカドの栄養素と効果効能を紹介します。

まずは、脂肪が多くて有名なアボガド。

「脂肪が多くて太るんじゃないの?」と思うかもしれませんが、大丈夫です。

アボカドの脂肪は、不飽和脂肪と言い、コレステロールが低い脂肪となります。

不飽和脂肪は、コレステロール値を下げて、お腹の脂肪をつきづらくしてくれる働きがあります。

さらに、ストレスホルモンを過剰に作り出すのを避けてくれる働きもあります。

ストレスホルモンは大量に分泌されると、代謝を下げてしまうので太りやすくなってしまいます。

アボカドは、代謝を下げるストレスホルモンを抑えてくれるので、太りにくくしてくれるのですね。

それだけではなく、ストレスを減らし美容にも効果があるビタミンB、腸の動きを活発にする食物繊維、老化防止に役立つビタミンE等々素晴らしい栄養素がたっぷり含まれています。

そして、主な効能ですが、利尿作用、高血圧予防、脳梗塞予防、がん予防、便秘改善などがあります。

太りにくく、健康に良いアボカドは人気が出るのも当然ですね^^

アボカドの食べごろは?

そんなアボカドですが、食べごろはいつなのでしょうか。

アボカドは基本的に年中売られており、特に旬の時期は気にしなくても良いようです。ちなみに、日本で売られているアボカドはメキシコ産が多いです。

アボカドの食べごろに関しては、旬の時期よりもアボカドの色を見て食べごろを判斷してください。判断基準を紹介します。

↓以下の画像の右側のように、アボカドは熟すと黒い色に変わってきます。
左側が熟していない緑色のアボカドで右側が熟している黒色のアボカド
左側のような緑色だと、まだ熟す前で固く、美味しくありません。

ですので、スーパーなどで買ってから、家で追熟させる必要があります。

追熟の仕方は室温14℃から24℃くらいで大体3日~4日置くと熟成して食べることができます。

5日以上置くと腐ってしまう可能性が高くなるので注意が必要です。

また、注意しなければいけないのは、27℃以上の場所には置かないということです。

27℃以上の場所によると高温障害となってヘタの部分だけが熟したり柔らかくならなかったりして美味しくなくなってしまいます。

「では、気温の高い夏はどうしたらいいの?」と疑問に思うかもしれませんが、夏は大抵店頭に並んでいる物自体が黒っぽく食べごろの物がほとんどなので、すぐに調理して食べてください。

もし、緑色の物が売られている場合は、夏は気温が高くて上手く追熟が進みません。

そういう場合は、電子レンジで1分間加熱してみてください。そうすると柔らかくなって食べやすくなります。

この方法は「はなまるマーケット」でも紹介されていました。
はなまるマーケットで紹介された未熟なアボカドを電子レンジで食べごろにする方法

ちなみに黒っぽくなってきて触った時に少し弾力があると食べごろとなります。

アボカドの選び方!

アボカドの選び方ですが、まずはを見ます。

上でも説明しているように、熟している物は黒っぽくなっていますが、熟していない物は緑色なのですぐに分かります。

↓こちらが熟していないアボカドです。
熟していなくて食べごろではないアボカド

↓こちらが熟しているアボカドです。
熟している食べごろのアボカド

熟しているかどうかは感触でも確認できます。触った時にカチカチに固いものではなく、少し柔らかく弾力がある物を選びます。

押した時にあまりにぐにゃっと凹むものは、熟しすぎなのでやめましょう。

また、へたの部分が乾いて浮いてきているような物を選びます。

すぐ食べる場合は店頭ですでに熟しているものを選び、

数日後に食べる場合は熟していないものを選ぶようにしましょう。

食べようとした時にまだ未熟の場合は、先ほど紹介した電子レンジで熟す方法を使用してください。

 
 
以上、アボカドのカロリーや栄養素(効果効能)と食べごろや選び方を紹介しました!

アボカドはダイエット効果もあり栄養価が高くて美味しいので、当然のように女性に大人気の食材です。

様々な調理方法もありますので、飽きずに食べ続けられるのもいいですよね。

美容にも良いアボカドを美味しく頂きましょう!



スポンサーリンク




ここまで読んで頂いてありがとうございました! もし記事が面白いと感じてもらえましたら、下の「Tweet」などSNSでのシェアしていただけるとすごく嬉しいです☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 懐石料理とは 意味 メニュー 食べ方 順番 服装マナー
  2. おせち料理の中身の具材の種類と意味は?由来や歴史は?いつ食べる?
  3. コクゾウムシ 原因
  4. 高級チョコレート バレンタインデー
  5. かき氷シロップ(味)おすすめ人気ランキング!無添加の種類も?
  6. 苦味成分の多いゴーヤ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


☆イルミネーションの季節になりました☆