パリ五輪アーチェリー日本男子代表・中西絢哉の高校はどこ?出身・学歴を調べてみた!

中西絢哉:NHK岡山WEBリポート スポーツ

2024年パリ五輪のアーチェリー競技で日本男子代表として出場する中西絢哉選手。
その実力と技術は、多くのアーチェリーファンやスポーツ愛好家から注目を集めています。

パリ五輪アーチェリー日本男子代表の中西絢也選手はどのようにして生まれたのか、出身地や出身高校、彼の学歴・経歴を通して彼のアーチェリー人生、そして、今回のパリ五輪に出場するまでの道のり、意気込みについて紹介していきたいと思います。

パリ五輪アーチェリー日本男子代表 中西絢哉選手の高校はどこ?

NHK岡山WEBリポートの記事によると、出身高校は私立 岡山理科大学附属高校です。

中西選手が岡山理科大学附属高校時代には、アーチェリー部に所属し、17歳以下の日本代表としてアジアカップ団体において、金メダルを獲得しています。

しかし、その代償も大きく、高校3年生の時に練習のしすぎで右肩を痛め、6年たった今も、右肩の不調からくる不安やパフォーマンスの不安定さが中西選手自身の中でずっと課題になっているそうです。

パリ五輪アーチェリー日本男子代表 中西絢哉選手の出身・学歴を調べてみた!

この項目では、NHK岡山WEBリポートの記事から、中西絢哉選手の出身・学歴、そして、パリ五輪への道のりを紹介します。

  • 中西絢哉選手の出身地
  • 中西絢哉選手の学歴
  • パリ五輪への道のり

中西絢哉選手の出身地

全日本アーチェリー連盟によると、中西絢哉選手は、1999年8月5日生まれ、岡山県岡山市北区出身、年齢:24歳 (2024月07月13日現在)歳です。
「パリで活躍して、地元岡山を盛り上げる」と意気込みを語っています。

中西絢哉選手の学歴

中西絢哉選手は小学5年生の時に、新聞で見たアーチェリーをきっかけに競技を始めました。
そして、岡山理科大学附属高校卒業後、中西選手はアーチェリーの強豪近畿大学に進学。
中西選手はさらに技術を磨き、2019年全日本選手権3位、2021年全日本選手権優勝という成績を残しています。

パリ五輪への道のり

中西選手は2021年に東京オリンピックを目指していましたが、最終選考の5人には残ったもののオリンピック出場は叶いませんでした。
「パリこそは!」という強い思いで、拠点を奈良県から出身の岡山県の岡山理科大学附属高校に移し、2023年ドイツで開かたれた世界大会男子リカーブ団体において銅メダルを獲得し、中西選手の活躍も評価され、パリオリンピックの団体と個人両方の出場を叶えました。

アーチェリーは11月から1月までがオフシーズンとなり、中西選手はこの期間を利用して、フォームの修正に取り組んでいます。
先にも述べたとおり、高校時代に練習のし過ぎで右肩を痛め、古傷の影響で持ち味の安定したパフォーマンスを発揮できないことがあり、右肩に負担をかけずに矢を放てるフォームづくりのため、オリンピックに向けて、ミリ単位での調整が続いています。
 

~NHK 岡山 NEWS WEBの動画中で中西選手がオリンピックへの思いを語っておられます~

岡山出身アーチェリー中西絢哉選手 パリオリンピックへの思い|NHK 岡山県のニュース
【NHK】岡山市出身の中西絢哉選手は、2024年7月に開幕する、パリオリンピックのアーチェリー日本代表に内定しています。 ふるさと・岡山で練習を続け…

まとめ

中西絢哉選手の小学生から現在に至るまでの歩みは、努力と情熱の賜物です。
自ら成功するために、環境を変えたり努力を惜しまない彼の成功は、多くの若いアスリートたちにとって大きな励みとなることでしょう。
パリ五輪での彼の活躍を心から応援しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました